0
_SkyQualia__


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2012年10月22日
2012-10-22 Mon 22:56


JMCの計画(1/32 F-5E)が頓挫し、・・・というか締め切りに間に合わなかったので、とりあえず次は何を作ろうかということでX-29とF-20などを作っていたのですが、TINAMIの方でどうもハロウィン祭りが盛り上がっているようなので「ちょっと便乗してみようか」というわけで急遽変更、1/72のF-16に着手。
F-16系列を作るのはこれが5機目(F-2A含め)で、機体的にも模型的にもだいぶ勝手知ったる戦闘機となってきました。


例によって主翼には1mmの真鍮線で桁入れ。今回は主翼には何も載せない予定なだが、やはりコレをやっておかないと落ち着かないw
というか1/72なら0.5mmでもいいかも・・・

そしてエンジンノズル。キットそのままの状態は例によってノッペラボウであるため、追加工作。今までは内側に短冊状に切ったプラ板をただ貼りつけているだけであったが、ちょっと新しいやり方を思いついたのでやってみることにする。
2012年10月22日003
まずはアイリス板の先っちょからはみ出ている「ノズルの先端」を切り取って、内側をリーマで削って薄くする。
その後、アイリス板の切れ込み部を実際に切り込む。

2012年10月22日004
次に内側の少し下がった部分に、1mmプラ板の切れ端を貼り付ける。
そうしてから短冊状に切った0.3mmプラ板を貼り付けると・・・
だいぶ実物に近い感じになったと思うのだが、いかがだろうか?

が、工作が完了してから、「しまった、こうしておけばよかったか!」という方法を思いついてしまった・・・これについてはまた次の機会に。

2012年10月22日005
インテークも例によって開口し、内部を黒く塗っておく。
これも定番工作。


んで、HUDも新造してしまった。
ところでこのHUDのディスプレイ部分、一体何を使ったかというと実は
「ねんどろいど」の箱のフィルム部分だったりするwww
これがまた非常に薄く加工も容易で、クリア塗料を使って接着すれば曇ることも無い。
そして何より廃物利用、かつそれなりに大量に余っているのでおそらく一生分に困らないかもしれないw

果たしてハロウィン期日までに完成できるか???
スポンサーサイト
別窓 | 模型 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2012年11月1日 | SkyQualia | 今年のJMCについて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| SkyQualia |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。