0
_SkyQualia__


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
1/24 シボレー・コルベット “ブラック★ロックシューター”
2012-07-15 Sun 07:24

人生初のカーモデルにして、人生初の痛車の完成です。

Share photos on twitter with Twitpic Share photos on twitter with Twitpic
Share photos on twitter with Twitpic Share photos on twitter with Twitpic
キットはアリイ製の1/24です。やや古いキットであるためか、ボディが傷だらけだったり、四輪が接地しなかったり、挙句にウインドウにも傷があったりと初のカーモデルにしてなかなかの難題続きでした。
ボディは#320のサンドペーパーで全体をゴッソリと削ってからサフをどっさりと吹いて対処し、シャシーをプラ板でやや歪ませることで強引にタイヤを接地させています。デカールはグッドスマイルカンパニーのものを使用。
コルベットを選んだのは黒のカラーリングや荒削りな印象、ついでに某自動車番組での印象などから「ブラック★ロックシューター」に似合うかな、と思ったためです。
・・・正直言って反省点はかなり多いです。ホビーショー直前に突貫で作業したこともありますが、やはり練習用に「普通の」カーモデルを作ってみてからやるべきだったかと・・・

もう一台。
メルセデス・ベンツ500SL“デッドマスター”
Share photos on twitter with Twitpic Share photos on twitter with Twitpic
Share photos on twitter with Twitpic Share photos on twitter with Twitpic
こちらはフジミの1/24を使用。
デザインはB★RSのコルベットと対になる感じにしてみました。車種をメルセデスにしたのは・・・それほど深い理由は無いのですが、OVA冒頭でヨミが学校に来た時に乗っていた車がどうやらベンツのようだったので、その繋がりで決めました。
また偶然にも、この2台は全長と全幅、ホイールベースがほぼ同じだったため、対のデザインにするのにもうってつけであったわけです。

Share photos on twitter with Twitpic Share photos on twitter with Twitpic
実は、自分が「ブラック★ロックシューター」というキャラクターや世界観を最初に知ったきっかけがこのデカールで、それ以前から「何やらゴツい大砲や刀を持った黒服のキャラクター」という程度の認識はあったのですが、たまたま模型屋さんでこのデカールを手にとって「お、これはなかなかカッコいいな・・・」というところから始まり、そこからフィギュアを買ってしまったり、元イラストや初音ミクによるテーマ曲を知る、というちょっと変則的(?)な経緯であったりします。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ところで、「B★RSに似合う車」ということでコルベットを選んだのは上記の理由からなのですが、どうやら公式ですでに実車が存在するようで・・・


ポッポ街や公園に痛車が出現、「ブラック★ロックシューター」仕様のコルベット - GIGAZINE

B★RS=コルベットという認識は、グッスマ側で公認なんだろうか?(笑)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

以下、ちょっと模型自体とは脱線した話。

昨年のある時期、いわゆるアフィブログ界隈でB★RSに対する執拗なネガキャン記事が同時多発的に投稿された事があった。(主に ここ とか ここ とか ここ とか)
・・・話をまとめると、「ブラック★ロックシューターなるキャラクターは初音ミクのパクりであり、作者のhukeなる人物は初音ミクをパクった!」と何が何でも主張したいらしい。

基本的にこれらのブログは2chから転載しているので、ある話題が同時に記事になることはそれほど珍しいことでは無い。しかし私には、その叩き方に何かしら作為的なものが介在しているのでは、という疑念が絶えなかった。つまり、それぞれのアフィブログが共謀してB★RSという作品や、キャラクターの原作者であるhuke氏に対してネガキャンを行なっているのでは、という考え方である。・・・さすがにそれは、自分でも『陰謀論すぎるだろw』と思ってはいたが。
あの界隈、要するに2ch転載のアフィブログどもは特定の作品を傾向がある。その最もたる代表例が私も大好きな「東方project」であり、大抵の場合は記事本文でもコメント欄でも否定的な意見の方が多く見られる(少なくとも私には)。そこで思ったのは、東方もB★RSも、ある程度似た傾向を持つ作品であるからあの界隈でネガキャンされることが多いのでは、ということである。さすがにそれがすべての理由では無いことは承知するが、どちらもあまりメジャーな作品では無く(B★RSはその後アニメ化したが)、しかし一定のファンは存在していて二次創作が盛ん、という点は共通していると思う。主にニコニコやpixivなどで。

話は前後するが、先述の通り私はフィギュアやデカールなど模型方面からB★RSというキャラクターや世界を知ったため、ミクによるryo氏作曲の「テーマ曲」を聞いたのも、実はけっこう後になってからであったりする。また、ニコ百の該当記事にもある通り、初音ミクの著作権を有するクリプトン側でも「B★RSはミクの派生キャラ、二次創作では無い」という見解を述べている。そしてこれは個人的見解であるが、クリプトンでは「初音ミク」及び自社のキャラクター・ボーカル・シリーズの商業展開において、「武器類を持たせること」及び「戦わせること」を原則NGにしている(明確なソースはちょっと見当たらないが、例えばPSPのねんじぇねにボカロ組が参加できなかったのはこの制約のためであるとか)。つまり、もしクリプトン側が「B★RSはミクのパクりである」と認識しているならば、でっかいキャノン砲やら刀やら鎌やら、その他禍々しい武器類を所持しているデザインの時点でアウトなはずである。しかし、現実にはそうはなっていない。
・・・と、これだけ反論材料を用意してみても、やはりアンチは意見を変えることは無いんだろうなぁ。

で、要するに何が言いたいのか。
別にB★RSとか東方とかを「嫌いになるな」、「ネガキャンするな」とかいうことではない。


「自分の嫌いな作品、気に入らない作品に
 わざわざ文句をつける手間や時間があるなら、
 そんなことよりも自分が好きな作品のために割いたらどうなんだ?」


長くなったけど、以上。
スポンサーサイト
別窓 | 模型 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2012年8月20日 | SkyQualia | 1/72 Su-33 フランカーD アークティック・スプリンター>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| SkyQualia |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。