0
_SkyQualia__


ハセガワ 1/72 Su-33 塗装について
2012-05-17 Thu 23:50

今回の塗装の元ネタとしたのがこちらの写真の機体。いわゆる「Su-35BM」で検索すると出てくる機体で、見ての通り非常に独特な塗装となっています。

初めて見た時から「これは実際の迷彩効果を狙った塗装なのか?それともいわゆるデモカラー的なものなのか?」という疑問が絶えなかったのですが、どちらにしても面白そうな塗装であることには変わりません。実を言えば今回フランカーを作ったのは、この塗装がやりたかったためでした。
というわけで、実機的にはフィクションになるものの、Su-33にこの迷彩を施してみます。

Share photos on twitter with Twitpic Share photos on twitter with Twitpic
まずはエンジン周りから。
(1)まず下地としてMrカラー104番・ガンクロームを吹く。
(2)上面側はクリアーブルー、クリアーオレンジ、
   焼鉄色等で変色を表現。
(3)下面はスモークと自作のフラットシルバーで塗り分け。
(4)各所のハッチ類?も同じくフラットシルバーで塗り分け。
ガンクロームは始めて使ってみたのですが、「重いシルバー」といった感じでいい具合です。

Share photos on twitter with Twitpic
んで、肝心の迷彩の塗装なのですが、どうやったかといえば・・・
(1)ひたすら写真を見て(検索して)、
(2)マスキングして、
(3)エアブラシを吹く。
の、くり返しでした。
なお、実機には存在しないカナード部分や、
どうしても解らなかった箇所や再現が無理だった部分は
いくらかアレンジを加えています。

なお、カラーは下面が306グレー、上面が317グレー、
白っぽいグレーが338グレー、黒っぽい色がミッドナイトブルーです。
カラーチャートは一応検索してみたのですが、
さっぱり不明だったため目分量で決定しました。

Share photos on twitter with Twitpic
前後フラップは本体と同時にマスキングテープで固定して塗装し、
脚カバーは本体の塗装が全て終わってから同様の手法で行いました。
・・・・正直言って、複雑すぎて脳がタヒぬかと思った(^^;;
スポンサーサイト
別窓 | ハセガワ 1/72 Su-33 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2012年5月20日 ホビーショー無事に終了 | SkyQualia | ハセガワ 1/72 Su-33 解説と写真>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| SkyQualia |